勝手にランキング!本当に良い名刺作成サービスが知りたい!

HOME > 名刺作成業者の選び方 > 100枚1000円以内で名刺作成

100枚1000円以内で名刺作成

名刺作成する方法はいろいろありますが、100枚で1000円以内で出来る方法をご紹介します。
一番簡単なのは、ハンコ屋チェーン店で作ってもらう方法があります。
単色刷りですと1000円以内で収まりますし、予め画像を用意しておくと名刺に取り込んでもらえます。
フォントも好みのものを選べますし、手間いらずで一番簡単です。
次はネットの名刺屋さんで作成する方法ですが、テンプレートが沢山用意されているので、値段も柄も好みの物を選べますし、レイアウトも自在にできる点も魅力です。
用紙も色々と用意されているサイトが多いので、好みの名刺をお安く作成できるので、かなりおすすめです。
パソコンの知識がある程度ある方なら、名刺作成フリーソフトを使用して、自分で印刷までする方法だと、必要な枚数だけ作ることができますし、何種類か用紙してシーンごとに使い分けることもできます。
どちらの方法でも1000円以内にできるので、それぞれのメリットを考え、ご検討ください。



名刺作成では裏面も有効活用する

名刺を渡すとき、もちろん表を向けて渡します。
そこには自分の名前が書かれていることが多いでしょう。
その他会社名などが書かれていることもあります。
初めて会った人に、自分の名前であったり所属している会社、役職などが分かるようにしておく必要があります。
ただ、名刺にはいろいろな情報を掲載させたい場合があります。
営業であれば、よりいろいろなことを知っていることをアピールすることで商談がうまくいくこともあります。
でも、あまり書きすぎると、大事な情報が埋もれてしまうので良くありません。
名刺作成においては、裏面の有効活用があります。
資格などを営業の時のセールスポイントとして使うのであれば、裏面に羅列するようにしましょう。
その他趣味であったり、プロフィールなどをまとめて記載することもできます。
個人で活動する人は、それをきっかけに話を広げられます。



名刺作成では余白を使って目立たせる

名刺に記載する内容としては、自分の名前、会社名、住所や電話番号などがあります。
名刺のサイズはほぼ決まっているので、その中に情報を入れていきます。
この時、サイズ一杯に情報を詰め込むのがいいのか、余裕を持たせるのがいいかです。
せっかくスペースがあるからと情報を詰め込んでしまうと、何が重要で何が重要でないかがわかりません。
会社名と名前の間に何もなければ、どこに名前があるかわからない場合があります。
名刺では、一目見て必要な情報がわからないといけません。
名刺作成で注意したいこととして、余白をうまく使うことが挙げられます。
目立たせたい情報、つまり名前の周辺には他の情報はあまり並べないようにします。
ただ、名前に関連する役職であったり、読み仮名などはそれなりに近づけることもあります。
余白が広くても、決して無駄にならないと考えておきましょう。