勝手にランキング!本当に良い名刺作成サービスが知りたい!

HOME > 名刺作成業者の選び方 > 名刺作成で特に目立たせたい要素があるとき

名刺作成で特に目立たせたい要素があるとき

かつてはその人と連絡を取りたくても直接取れない場合がありました。
会社に電話をしても外出中などがほとんどです。
すぐに連絡が取れればそこで商談の重要なやり取りができるかもしれませんが、ワンクッションおかれることでそのチャンスを逃します。
名刺作成においては、基本を守りつつも目立たせたい部分を目立たたせることができます。
外回りをしている営業担当者であれば、お客さんなどとの連絡を取りやすくしたいでしょう。
携帯電話の番号をわかりやすく記載するようにします。
電話番号は会社の電話やFAXなどが下の方に記載されています。
その辺りに記載しては、わかりにくくなります。
どこで名前の下などに名前よりも少し小さい字体で記載すると良いかもしれません。
この人に連絡したいならここに連絡すればよいことがわかります。
上下の間隔は少し開けるようにします。



名刺作成では情報をまとめるところと離すところ

書類を作成するとき、行間は同じにします。
日にちや題などは本文とは離すことがありますが、本文は同じ間隔で書いていきます。
その他の情報がある時には別途離して書くこともあります。
名刺作成をするとき、同じ間隔で書いていくのが良いのかどうかです。
名刺はビジネスツールなので、わかりやすくすることは大事です。
でも、すべてを同じような行間、フォントの大きさにしてしまうと、どこが大事でどこがそれほど大事でないかがわかりません。
大事なところは今知ってもらうところです。
大事でないのは後でもチェックできるところです。
名前であったり役職などは非常に重要になるので、真ん中に記載します。
他の情報とは少し離して、少し目立つようにします。
フォントは情報の中では最も大きいものを選びます。
会社名、会社住所、会社電話番号などは後でチェックする部分なので下の方にまとめます。
社名以外は小さめでも問題ありません。



名刺作成でフォントはある程度まとめる

よく知られているフォントとしては、明朝体とゴシック体があります。
明朝体は強弱があるので見やすいです。
取引先に提出する書類などなら明朝体が良いでしょう。
ゴシック体は文章よりも言葉を表示するときなどに使うことが多いかもしれません。
名刺作成をするときにはフォントを選びます。
この時、それぞれの要素ごとに異なるフォントを使うのはよくありません。
名前は明朝体、会社名はゴシック体、住所は明朝体などです。
同じ情報でも統一感がなく、見た時にあまり気分が良くありません。
明朝体なら明朝体、ゴシック体ならゴシック体でそろえるようにします。
その中で目立たせたい情報がある場合、同じ系統の別のフォントを使うことがあります。
ゴシック体で統一するときでも、少し文字が太いタイプのゴシック体を使うことでその部分だけ目立ち、統一性も失われません。