勝手にランキング!本当に良い名刺作成サービスが知りたい!

HOME > 名刺作成業者の選び方 > 名刺作成で文字の大きさに気を配る

名刺作成で文字の大きさに気を配る

人の脳は非常に優秀です。
必要な情報が無くてもきちんと補おうとします。
事前に知っている情報の場合、その情報が欠けているとしても勝手に補います。
一見便利そうですが、この特性を知っておかないと失敗してしまうことがあるので注意します。
名刺作成では、必要な情報を小さい紙の中に詰め込みます。
名前が重要で、会社の住所や電話番号などは比較的小さい文字を使います。
この時にかなり小さい文字を選んだとします。
作成者からすると、社名や住所はよく見慣れた文字の並びです。
小さくて読みにくくても、知っている人はあまり気になりません。
でも、初めてこの社名を知った人、住所を知った人はその情報がないのでよく見ないとわかりません。
小さすぎると困る場合があります。
小さくするにしても、どれくらい小さくするかを考えて作る必要があります。



横書きの名刺作成では左に揃えると見やすい

ワープロなどで文書を作成するとき、簡単に右揃え、左揃え、中央揃えなどができる機能があります。
業一杯に文字が並んでいるときは関係ありませんが、行の途中までしか情報がない時には、それらの指定に従って文字が移動します。
文書に統一性を持たせることができます。
名刺作成をするとき、最近は横型が増えています。
数字やアルファベットの情報が多くなっているからでしょう。
この時に気を付けたいのはどちらに揃えるかです。
横書きの文書は一般的には左から右へと読んでいきます。
となると、左でそろっているときれいになります。
名前だけ少しずらすこともありますが、すべて揃えているいる方が見た目にはきれいになるので、もっともしっくりする位置を探してみましょう。
左で揃えるときには、あまり左端に寄せすぎないようにします。
左から真ん中あたりに情報が集まるような位置から開始します。



名刺作成では基本となる色を考える

かつての名刺は縦書きが一般的でした。
日本ではいろいろな文書が縦書きで作成されていたので、今でも正式な書式は縦書きです。
その時は色は白地に黒字で作成するのが一般的でした。
ただ、どこからもらう名刺も同じなので、名刺で違った印象を与えるのは難しかったかもしれません。
名刺作成においては、基本となる色を考えるようにします。
もちろんシンプルに白地に黒字でも構いません。
ただ、今は色を使っている名刺が多くなっています。
その中で印象に残してもらうには、他とは異なる部分を見せる必要があります。
会社であればコーポレートカラーがあるので、まずはコーポレートカラーを主体にすることを考えます。
その他、ロゴの色に合わせたり、主力商品やサービスのイメージに合わせることもあります。
その他キャッチコピーなどの印象に合わせて決めることもあります。