勝手にランキング!本当に良い名刺作成サービスが知りたい!

HOME > 名刺作成業者の選び方 > 名刺作成ではジャンプ率でイメージが変わる

名刺作成ではジャンプ率でイメージが変わる

名刺に記載する情報はいくつかあります。
名前が最も重要でしょうが社名や住所なども必要になります。
この時に同じ文字の大きさだと違いが分かりません。
そこで文字の大きさを変えます。
名前の大きさは大きくして、電話番号などの大きさは小さくします。
名刺作成においてはジャンプ率をうまく操作することがあります。
ジャンプ率は、名刺で使う文字の大きさの差のことを意味します。
最も大きな文字と最も小さな文字との差がどれくらいあるかです。
ジャンプ率が大きい場合目立たせたい文字はかなり目立つようになります。
目立たせることはできますが、全体的なバランスはよくありません。
ですから、大きさをかえるにしても適度に変化させるぐらいが良い場合があります。
名前を目立たせようとジャンプ率を大きく過ぎると、そればかりが主張され過ぎるので、上品さも備えた大きさにするようにします。



名刺作成はテンプレートに情報を入れるだけ

文書を作成するとき、一から作成しようとすると非常に時間がかかります。
この時にテンプレートがあると、そこに情報を当てはめていくだけで作ることができます。
何度も同じような文書を作成するときは、あらかじめテンプレートを用意しておくと良いかもしれません。
名刺作成を業者に依頼するとき、テンプレートが用意されることがあります。
既にデザインはできているので、後は自分自身の名前、社名、住所などを入力するだけで完成します。
フォントの大きさやフォントなども決まっているので、選ぶ必要はありません。
業者のテンプレートを利用するとき、可能性としては同じタイプのものを持っている人がいることでしょう。
全く同じテンプレートを使っている人は少なからずいます。
緊急でどうしても作らないといけないときなどには便利です。
見た目のバランスなども良くなっているので結構使えます。



名刺作成は紙の質で印象を変えられる

名刺はビジネスアイテムの中でも重要なものの一つです。
誰でも持っているといっていいでしょう。
会社であれば、社内で共通の業者に依頼をして作成することが多いです。
その他、個人でもデザインなどを依頼して作成することが可能になります。
名刺作成では、特に希望をしなければ用紙は一般的な紙になります。
コピー用紙ほど薄くはありませんが、髪質などは同じようなタイプです。
メリットとしては書き込みなどがしやすいことでしょう。
鉛筆などで書いたとしてもしっかり読み取ることができます。
少し変わったタイプの名刺にしたいのであれば、光沢タイプの用紙を選択してみても良いでしょう。
鉛筆で表面にかき込みなどはしにくくなりますが、他の人とは少し異なる印象を与えることができます。
反射によって見えにくくなることもあるので、文字は見えやすいように配置するのがコツです。