勝手にランキング!本当に良い名刺作成サービスが知りたい!

HOME > 名刺作成業者の選び方 > おしゃれな名刺とは?おしゃれなポイントづくりはどうやるの?

おしゃれな名刺とは?おしゃれなポイントづくりはどうやるの?

名刺作成するさいにはデザインの法則があります。おしゃれで印象に残る名刺を作るにはポイントがいくつかあります。
その法則を守ってデザインをすれば誰でも簡単におしゃれな名刺を作成することができます。まず大切なのはフォントです。相手がパッとみて判読できることが重要です。相手が目を凝らさないと見られないフォントは控えたほうが良いでしょう。フォントに関しては見やすさを重視したほうがいいです。
小塚明朝やゴシック体、教科書体、有沢隷書などを選ぶのが一般的です。
またフォントのサイズも考慮します。名前は名刺の中で最重要な情報だからです。名前のサイズで名刺全体のバランスが変わります。名前のサイズは一般的に18~19ポイントが適切です。名前と肩書きのサイズがほぼ同じだと、情報が混同して名前を覚えてもらいにくいかもしれません。名前のフォントサイズは大きめに設定するのがポイントです。

おしゃれに作ろうとしすぎてデザインが斬新になってしまうというのも問題です。もらった相手が違和感を感じて、文字情報が頭の中に入ってきません。また配置の調整も非常に難しいです。初めての場合は基本形で名刺を作成するのが無難です。電話番号とメールアドレス、住所は全て文字数が異なるため、きれいに揃えることができません。しかし、文章の冒頭か末尾を揃えるときれいに見えます。
字の間は空けすぎず詰めすぎずを意識して調整すると、よりきれいに配置することができます。そして行間も意識してみましょう。名刺の場合は一文が短いので、0.3~0.5文字分のほうが可読性が上がります。
しかし、フォントの大きさ、書体、文字数で変化しますので、読みやすく違和感のない行間の値を設定しましょう。

使う色あいにも気を付けてみると良いでしょう。原色の色を使用すると、目が疲れる名刺になってしまい、可読性に優れません。黒や白を除いて、原色はあくまでアクセントカラーとして利用するのにとどめておくのが無難です。スタイリッシュに仕上げたければ、モノクロで構成するのも面白いです。
色をつけると、よりポップな印象にすることもできます。暖色系のパステルを加えれば女性らしい柔らかい印象を与えます。小技としては、線を一本入れるだけでも印象が変わります。
また名前の一文字だけを色を変えてみたり、文字を立体的にしてみるなどするだけでも変えることが出来ます。
背景にグラデーションを用いたり、柄の背景を持ってきたりすると、肝心の文字が見えなくなってしまい、残念な仕上がりになりかねません。相手にいかに良い印象を与えることが出来るか、研究しながら名刺作成してみましょう。