DMを印刷する時に知っておきたいポイント

大勢の人に対し、お知らせや販促活動をする際に、DMは大いに役立ちます。直接相手に届くので、より多くの情報を独自の構成で伝えることができます。DMは対象となる人の数が多い分、その発送には多くの労力を要します。そこで、DMを印刷する際には、専門業者を利用するのがおすすめです。DMの印刷から発送まで一括で行ってくれる専門業者があります。中には印刷面のデザインも依頼できるので、印刷から発送まで頼みたいのか、デザインから任せたいのかなど用途に応じて業者を選びましょう。業者が決まったら、印刷に必要やデータと宛先のデータを提出するだけで完了です。あとは、業者が印刷して発送手続きまでを一手に引き受けてくれます。印刷会社と宛名業者に分けて依頼するよりも安く済ませる所も魅力の一つです。

用途に応じて選べるDMの印刷用紙

DMと一口に言ってもそのデザインは様々です。宛名面と広告面で構成されている普通のハガキタイプ以外に、見開きのできるタイプもあります。見開きタイプは圧着ハガキと呼ばれています。見開きにすることでより多くの情報を載せることができます。見開きのページ数を二つ折りだけでなくZ折というタイプはハガキ3枚分の広告表示が可能です。さらに、大きさもハガキ大だけでなく、A4サイズのものもあり、用途に応じた使い分けができます。印刷から発送まで一括で応じてくれる専門業者では、広告のためのDMだけでなく、同窓会や展示会などで返信の必要があることをお知らせする際の往復ハガキ印刷も頼むことができます。デザインテンプレートが用意されている場合も多く、ワンクリックで注文可能なインターネットから利用するのが最も簡単です。

初心者のDM印刷はデザインテンプレートを使うべし

DM印刷の初心者なら無料で使えるデザインテンプレートを利用するのがおすすめです。販促活動に利用するのか、単なる告知として利用するのかなど、用途別のデザインプレートはどこに何を表示するとより効果的かが一目で分かり、迷わずにデザインを決めることができます。業者の用意したテンプレートを使用すれば、特別な編集ソフトを購入したりダウンロードしたりする手間や必要がなく、とても簡単にプロ仕様のDMを作ることができます。宛名データに関しても、テンプレートが用意されている場合が多く、指示に従って一覧表を作成すれば手間なく注文が可能です。つまり、サイト上で完結できる業者を選ぶと、初心者でも安心・簡単・安価でDMの印刷を依頼することができます。いかに楽をしてDMを印刷できるかという点は、業者選定の際は覚えておきたいポイントの一つです。