マンション 管理 会社

マンションを快適に過ごすために会社は欠かせません。清掃や設備の点検、組合の運営サポートなど幅広くサポートしてくれます。どこまで委託をするかによって大きく変化をし、費用も変わってきます。代行してくれる業務は大きく4つに分ける事ができます。1つ目に事務の業務です。会計報告として様々な書類の作成と提出をします。2つ目に管理人業務です。訪問された方の受付や対応などをします。3つ目に清掃業務です。日常的な清掃と簡単には落ちない汚れなどを定期的に清掃します。4つ目に建物と設備に関する業務です。設備状況を確認し、メンテナンスや補修などの必要性を確認し、取り換えや回収を行います。選んだところで委託できる業務に違いがあり、委託する業務と自分で行う業務に分け、どこまで委託するかで運営方法はかなり変わってきます。

マンションの管理会社への業務委託方式

マンションの管理会社へは委託する方式が2つあります。1つ目に全部を委託する方式です。業務を全て一括して任せる方式で質を維持できるのが一番のメリットです。業務のチェックが主な業務となり、負担の少ない方法で維持が問題なく行われます。2つ目に一部を委託する方式です。業務を全て委託するわけでなく自ら発注などを行う方式です。負担が少し大きくなりますが、自社で全て対応しているわけではないので専門業者など契約先を選び、手数料を抑えたりコストを抑えることができます。全て委託せずに自主で行うこともできますが、費用をかなり抑えることができる反面、把握できないことが出てきたりと、負担が大きくなり過ぎるため全てを行えず、中途半端になるケースもあります。安心して任せることができるように、用途や目的を明確化し、選ぶことが大切です。

マンションの管理会社の種類を知ろう

マンションは大きく分けると2つの種類に分けられます。1つ目がデベロッパー系です。グループ企業に建設会社を持つ企業のことです。グループで施工、販売をし、管理まで行います。分譲や譲受などがあり系列で行うのが特徴です。2つ目が独立系です。系列グループがなくリプレイスなどで事業を拡大してきたものになります。費用が安いことが特徴ですが、質が伴わないケースもあるので注意が必要です。どちらともメリットやデメリットがありますが、大きく違いがあるので選び方や用途によりどちらがいいかが変わってきます。どちらにしても違いをしっかりと把握し、比較することが失敗しない選択をすることができます。提供しているサービスとかかる費用をニーズや目的にしっかりと合わせ、損をしない選択をすることが重要です。