よく目立つDMとその印刷方法のポイント

よく目立つDMにするには、常識にとらわれない奇抜な印刷にする必要があります。常識外れといっても倫理観を無視するようなものは逆効果ですが、受け取った人が、見たことがないようなものにすることがポイントです。またターゲットにあわせた、インパクトのあるコピーも大事な要素です。相手の悩みに訴えかけたり、地域や利用者を限定した特別感を出すようなものなど、受け取った人が当事者であることを呼びかけるものは効果があります。イメージがわくような画像を印刷するのも有効な手段です。DMのデザインは必ずしもスタイリッシュなものが良いとは限りません。ターゲットやジャンルに合った、配色や文字フォントを選ばなければ、相手にうまく伝わらないこともありますので、よく検討する必要があります。また、商品情報など必要な情報が伝わりやすいよう、レイアウトにストーリー性をもたせるとより良いものになります。

キャッチコピーで相手の心を掴む

DMを印刷する際に、キャッチコピーで大きな反響を得るためには、ベネフィットを意識するほうが効果的です。その商品やサービスを利用することで、受け取り側が得られる満足感をうまく表現できれば大きな反響が得られます。効果の高いキャッチコピーにするには、ターゲットをはっきりさせることが大事です。誰からも気に入られるものにしようとすると、逆に誰の心にも届かないものになりやすいです。ターゲットがもっている悩みと、その問題に応える内容を意識すると良いでしょう。また、具体的な数字を入れるのも効果を上げる方法の一つです。数字には人の目を引き付ける効果がありますので、細かい数字を示すことでリアリティーを出し、相手に明確なイメージ持たせることができます。その他、常識とのギャップを見せることや、簡易性を伝えるなどの方法で相手の心を掴むキャッチコピーを考えましょう。

反応率をあげるためにオファーの充実を

DMは印刷して送ることが目的ではなく、反応があってはじめて目的を達したといえると思います。その反応率を上げるために有効な手段がオファーです。オファーを設定することにより、来店の促進や購買意欲の高めることができます。オファーにも色々ありますが、いくつか代表的なものをあげてみたいと思います。もっとも代表的なものでは値引きがあります。特定商品の値引きや、一定割合での値引きを行い、その情報をえることで安いならいってみようという気持ちを促します。相手に対してメリットがわかりやすいため、広範囲に使用できる方法です。続いてプレゼントという方法です。購入や来店に対し、景品などをプレゼントするものですが、プレゼントの内容や条件設定に」より、効果に大きな差がでるので、よく検討する必要があります。外にも届いた人だけが使用できるという特別感を利用したクーポンやイベントを行うなどうまく利用すると効果も高いです。