みんなに選ばれているDM印刷活用術

今、個人への広告手段は多様化しています。例えばメルマガ配信、WEB広告は当たり前、最近ではSNSを使った広告戦略も巧みです。一方で、ダイレクトメールやポスティングチラシ、FaxDMと聞くとやや前時代的に聞こえるかもしれません。しかし、あふれかえる情報社会の今、逆にこのアナログさが見直されています。会員登録をしたり、買い物をしただけなのに、メールに広告がどんどん送られてきていつの間にか受信ボックスが大量の広告メールでパンパンにうめつくされてしまった経験はありませんか。そんな時、印刷されたDMは自分だけに厳選された情報のように思えてきて、きちんと開封してとりあえず中を見てみようという気になります。今回はDMの印刷に慣れていない方にも分かるDMの印刷の依頼の仕方とおさえておきたいポイントを解説します。

開けやすいDMの印刷でスペシャル感と開封率をアップ

一昔前のDMは、手間暇がかかる上に、顧客名簿を頼りに手あたり次第大量に送付するイメージでした。そのためコストも高くなり、DMの費用対効果が疑問視され、いつしか手軽に作成できるメールDMに主役はとってかわられました。しかし、今は顧客の情報収集の技術も進み、購買パターンなどこれまでの消費の傾向が正確につかめるようになりました。よりパーソナルな情報をもとに特別感を出せるDMの価値が見直されているのです。また、もうひとつの側面として印刷技術の進歩に注目したいです。最近の主流になっている圧着はがきだけでも、定型サイズから大判サイズまで、折り方にもさまざまなタイプがあります。このように、簡単に開けられて開封率が高くなるように工夫した印刷が可能になったことも押さえておきたいポイントです。

DM印刷の注文は簡単なネットが便利

もし、お持ちの顧客情報を活用できるのであればぜひ一度DMの印刷を検討してみましょう。割引クーポンを付けてDM自体の保存性を高めてみるのも良いでしょう。歳を重ねた顧客にはそのアナログさがうれしく、若い方たちにはかえって新鮮味があってうけるかもしれません。単なる情報の告知というよりは、スペシャル感のある価値あるDMにすることがポイントです。注文の仕方も簡単です。印刷会社と直接やり取りしなくても、ネット上から簡単に注文できるサービスが選ばれています。ユーザー登録を済ませ、デザインをデータ入稿するか、サイトで用意してくれているさまざまなデザインテンプレートを使えば簡単にデザインすることもできます。部数や納期、納品先を決めて注文するだけです。送付先のプリントや、発送の代行まで一括して行うサービスもありますので事業にあったものをぜひ検討してみましょう。