印刷初心者の方に教えるDMのイロハ

企業や個人などが、見込み相手に情報を送る方法のひとつにDMがありますが、これは相手から直接反応を得られる方法であるために、多くの利用がされています。 主な使い方としては、企業や商品やサービスの内容を顧客に対してダイレクトに宣伝や広告をして、販売促進に繋げていく利用方法ですが、相手先によって内容物の中身も役に立って確実に封を開いて見てもらえる物を制作しないと、費用対効果も低くなってしまいますので、送る側にもそれなりに努力が必要です。そのために中身を精査して作成して、それをDMの印刷を扱っている業者に発注をして配送する流れが一般的です。そしてこの印刷をする前の段階で、中身が良い見栄えになるようなさまざまな印刷方法を頼んだり、イラストや文体を整えることなどを、DM印刷業者と相談していくことになります。

印刷を含んで魅力あるDMに仕上げる

DMを販売促進に使っている物を受け取ったことがある人は多いはずです。それらは例えば、スーパーのバーゲンセール案内とか、クラブなどの会員を募集する案内とか、企業からの商品紹介用、新規開店のお知らせなどであるなど、実に多彩な物です。けれども内容物に興味がなければ、封を開けて見られずにそのまま捨てられてしまう物であることも、多くの方が経験を通して知っていることです。そのためにも、送る相手先に適した、魅力を感じてもらえるようなDMを制作していくことがまずは必要であり、その制作段階には印刷も含まれています。内容物の原稿が決まっている時には、紙の素材や発注枚数などで全体の費用も変わってきますし、色刷りの多さによっても業者によって費用は様々です。多くは、印刷工程が複雑で素材が良いDMほど、費用面ではコストがかかる場合が多いです。

こちらのDM作成の意向に合う印刷業者を選ぶ

郵送するということは通信経費や配送の人件費がかかるということですから、費用対効果に気をつけてDM作成を依頼する必要があります。送る側がどれくらいの規模で配送を依頼したいかで発注枚数も変わってきますので、まずが印刷を扱う業者のホームページなどで料金体系を比較検討しながら、配送する規模に合わせてコストを抑えられる依頼ができそうな業者を絞っていきます。その上で、こちらのDM配送の相手先や目的や意向を示して、印刷段階でのアドバイスをもらいながら、内容の最終決定をしていく意思疎通が依頼には必要です。業者によっては作成そのものから受注をしている場合もありますので、魅力があるDM作成に熟知したノウハウを持つ業者であれば、作成の段階から依頼を任せていくのも、その後はスムーズに印刷まで進めますのでお勧めです。